日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!
 

★ワンガリ・マータイ

ワンガリ・マータイ 



ワンガリ・マータイと「もったいない

京都議定書関連行事出席のため来日した際、
日本語の「もったいない」という言葉を知って感銘を受け、
後に国連女性地位委員会で出席者全員と
もったいない」と唱和した。


ワンガリ・マータイさんとは


ノーベル賞受賞者

受賞年:2004年

受賞部門:ノーベル平和賞

受賞理由:持続可能な開発、民主主義と平和に対する貢献

コメント:ノルウェー・ノーベル委員会は
2004年度のノーベル平和賞受賞者を発表する席で
次のようにコメントした。

マータイは、ケニヤの圧政的な前政権に対し果敢にも立ち上がり、
彼女のユニークな運動は
政治的抑圧に対して国内、また国際的にも注意を引くのに貢献した。
彼女は民主的権利への運動の中で
多くの人々にとってインスピレーションとなり、
また特に女性の地位向上を促すのに勇気を与えた。」



ワンガリ・マータイ(Wangari Maathai 1940年4月1日-)は、
ケニア出身の女性環境保護活動家。
東アフリカ初の女性博士、
ナイロビ大学初の女性教授となった人物である。


2004年12月10日に
「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」のため、
環境分野の活動家としては史上初のノーベル平和賞を受賞した。
(アフリカ人女性としても史上初)



ワンガリ・マータイの略歴

1940年、ケニア中部のニエリの農家の娘として生まれ、
アメリカ・カンザス州立大学卒業後、
ピッツバーグ大学で修士号、ナイロビ大学で博士号(獣医学)を取得し、
1971年にはナイロビ大学教授に就任した。

1977年にグリーン・ベルト・ムーブメントを設立して植林活動を開始し、
1986年にアフリカン・グリーン・ベルト・ネットワークへ改称後、
アフリカ大陸全土で植林活動を行い、
民主化や持続可能な開発の推進に取り組んできた。

また、独裁政権下にあったケニアにおいて、
公然と政権を批判したことで数度の逮捕と投獄を経験。

活動に熱心になり過ぎて離婚させられた経験ももつ。

1997年にはケニアの大統領選挙に立候補しようとしたが、
所属政党の説得により断念。

2002年に国会議員となり、
2003年から環境・天然資源副大臣を務め、
ケニア緑の党を設立して代表も務めている。

2005年3月28日、
アフリカ連合経済社会文化会議の初代議長に選出された。


また、2005年2月14日から10日間、
京都議定書関連行事出席のため来日した際、
日本語の「もったいない」という言葉を知って感銘を受け、
後に国連女性地位委員会で出席者全員と
もったいない」と唱和したこともある。


トリノオリンピックの開会式で
オリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。


ワンガリ・マータイが受賞した賞
1984年 正しい生計賞(もうひとつのノーベル賞とも呼ばれる賞)。
1991年 ゴールドマン環境賞。
1993年 アフリカ賞。
2004年 ペトラケリー賞。
2004年 ソフィ賞。
2004年 ノーベル平和賞。

 
トップページはコチラから

| コメント(0) | TB(0) | ★ワンガリ・マータイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。