日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!
 

★小説家さだまさし

小説家さだまさし 



2001年、テレビ朝日で放送されていた
「ほんパラ!関口堂書店」の番組企画をきっかけに、
幻冬舎社長見城徹の指導のもと、
さだまさし処女作である自伝的小説『精霊流し』を刊行し、
ベストセラーに。

2002年には短編小説集『解夏(げげ)』を刊行した。


『精霊流し』はNHK・夜の連続ドラマとして2002年にドラマ化。
映画化もなされた。
『解夏』は映画化(2004年)され、さらに
フジテレビ系ドラマ『愛し君へ』(2004年)の原作となった。


なお、さだまさしは『精霊流し』以前にも
アルバム『ADVANTAGE』『自分症候群』に
曲のタイトルを題材にした短編小説を
歌詞カードに掲載している
(『自分症候群』として出版されている)。


2004年には、第3作『眉山(びざん)』を発表。
NHK-FMでラジオドラマ化され、
漫画雑誌のシルキーでコミック化された。
現在、東宝・犬童一心監督製作による映画化が進行中である。


また、さだまさしは童話作家としても活動しており、
自身の体験を基にした数冊の絵本を出しており、
2作目の「おばあちゃんのおにぎり」は
歌手として初めて「ひろすけ童話賞」を受賞した。


トップページはコチラから



タグ:さだまさし
| コメント(1) | TB(0) | ★小説家さだまさし
この記事へのコメント
またきちゃいました☆コメント残しておきますっ♪
ヵぉ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21328110
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。