日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!
 

毎日新聞「MOTTAINAIキャンペーン」

毎日新聞「MOTTAINAIキャンペーン」その3



「MOTTAINAIキャンペーン」中の「毎日新聞」をご紹介します。

毎日新聞

『ウィキペディア(Wikipedia)』より


★注目を集めた報道

新聞界の権威である新聞協会賞に全国紙で最多受賞。 2000年度の受賞記事である、考古学会のゴッドハンドと言われた藤村新一による旧石器捏造事件のスクープは、教科書にも記載のある日本最古の遺跡、上高森遺跡が存在しなかった可能性を示唆し、日本の考古学に重大な影響を与えた。その後、2001年、2002年度、2003年度の4年連続で受賞した。


★疑義が持たれた報道、スキャンダル

新聞報道史上大問題となった「西山事件」については別項参照。

近年、保守派の論客が虚報・誤報だと指摘している日中戦争当時の「百人斬り競争」報道は毎日新聞の前身、東京日日新聞によるものであり、戦後開かれた南京軍事法廷において、「百人斬り」を行ない「捕虜および非戦闘員に対する虐殺競争をおこなった」「南京大虐殺の共同正犯」(軍事法廷判決文)と判決を受け二人の元将校が処刑された。(百人斬り競争の項を参照)
2003年にはヨルダンのアンマン国際空港で、毎日新聞のカメラマン五味宏基が“取材活動の記念に”とイラクから持ち出したM77子弾の不発弾が爆発し、警備隊員などが死傷する事故が起きた。カメラマンは過失致死などの罪で実刑判決を受けた。毎日新聞社は政治力を駆使しヨルダン国王の特赦を獲得したが、記者は釈放・帰国の後、懲戒解雇された。
2004年1月31日には、系列ホテル「国際観光ホテルナゴヤキャッスル」のコーヒー豆納入を巡り、当時の毎日新聞社長が自宅付近で拉致される事件が発生した。しかし、毎日新聞社はこの事実を一ヶ月間隠蔽し、警視庁が犯人の起訴を発表する僅か10分前になってから事件を発表した。この一連の隠蔽行動に、日頃、企業に対して厳しく説明責任を追及してきたはずのマスコミ自身が、企業としての説明責任を果たしていないのではないか、との指摘がなされた。
現在、日本将棋連盟・朝日新聞社との間で名人戦の主催を巡り紛争中。


★発行所

毎日新聞東京本社 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
北海道支社 北海道札幌市中央区北四条西6-1
毎日新聞大阪本社 大阪府大阪市北区梅田3-4-5
毎日新聞中部本社 愛知県名古屋市中区正木2-3-1
毎日新聞西部本社 福岡県北九州市小倉北区紺屋町13-1
福岡本部 福岡県福岡市中央区天神1-16-1


★印刷工場

北広島(北海道)、青森、福島、川口、厚木、名古屋、摂津、堺、倉敷、北九州、鳥栖ほか(但し、印刷子会社も含む)


★対象地域

東京本社版 東北、関東、甲信越、静岡県
大阪本社版 近畿、三重県伊賀・熊野地方、北陸、中国(山口県、島根県石見地方除く)、四国
西部本社版 九州(沖縄県含む)、山口県、島根県石見地方
中部本社版 東海(静岡県、三重県伊賀・熊野地方除く)
北海道支社 北海道
北海道(石狩支庁、胆振支庁、空知支庁、日高支庁、後志支庁)、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、山口県、福岡県、佐賀県、大分県、沖縄県では一部地域を除いて朝夕刊セット。その他の県は朝刊統合版。


★関連紙

毎日小学生新聞
毎日中学生新聞(2006年4月1日から休刊)
サンデー毎日
週刊エコノミスト
点字毎日
英字紙・毎日デイリーニューズ(英文毎日。現在Web上のみ)
ここまでは毎日新聞社が直接発行している新聞・雑誌である
スポーツニッポン(スポニチ)
まんたんブロード(フリーペーパー、月刊)
福島民報
下野新聞
宮古毎日新聞
八重山毎日新聞


★毎日新聞社の事業

選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)
都市対抗野球
社会人野球日本選手権大会
全国高等学校ラグビーフットボール大会
全日本実業団駅伝
全国高等学校駅伝競走大会
名人戦
王将戦
本因坊戦
新聞奨学生(毎日育英会 - 毎日新聞奨学金制度)
MSN(マイクロソフトのポータルサイト、ニュースサイト「MSN-Mainichi INTERACTIVE」を共同運営)


★毎日新聞関連テレビ番組

毎日新聞ニュース(三社ニュース)
毎日新聞 記者の目
毎日新聞テレビ夕刊
テレポートTBS6
MBSナウ
RKBニュースワイド
皇室アルバム


★その他

毎日(大毎)オリオンズ(1950~65年に存在したプロ野球パシフィック・リーグの球団、現在の千葉ロッテ)
全国高等学校サッカー選手権大会(1965年まで主催)
毎日ニュース(ニュース映画)
フクちゃん(朝刊に連載されていた四コマ漫画)
まっぴら君(夕刊に連載されていた四コマ漫画)
ぐうたらママ(日曜版に連載されている漫画)


★関連・兄弟会社

スポーツニッポン新聞社
東日印刷(印刷工場)
高速オフセット(印刷工場)
国際観光ホテルナゴヤキャッスル(新菱冷熱工業なども出資)
毎日広告社グループ
毎日コミュニケーションズ(関係会社)
MCプレス


★関連放送事業者

東京放送(TBS) - 放送事業が民間に開放される動きを察知した毎日新聞社は、いち早く民放ラジオ局開設に向けて動き出した。結局電通や読売新聞社、朝日新聞社との合弁となりラジオ東京(JOKR)が設立されたが、同社設立までの間積極的に動いていたのは毎日系だけだった。このため開局当初から関係が深く、出資比率がほぼ同じであったはずの新聞各社よりも実際は結びつきが強かった。
1961年以降、新聞出身者の同社常勤役員は毎日系だけとなる。1973年12月には出資新聞各社の合意に基づき新聞資本の統一が行われることとなり、1974年5月までに読売新聞社や朝日新聞社から株式を購入し、筆頭株主になったものの、直後に毎日新聞社自体の経営が悪化。
TBSは毎日新聞社が筆頭株主になる事で経営に介入される事を警戒。しかし毎日新聞社は経営体質改善のため、TBS株の売却益で累積損失の圧縮を図る事を決意。
こうした両者の思惑が一致して、1977年度中に毎日新聞社はTBSの持株の大部分を毎日放送他に売却して資本関係を薄めたが、一方で歴代社長を同社非常勤役員に派遣。友好関係は維持して現在に至っている。
毎日放送(MBS) - 大阪地区でも、毎日新聞社が阪急電鉄、日本電気と提携し、新日本放送(NJB)を設立。名古屋の中部日本放送(CBC)と共に民放第一号の名乗りを上げたが、実際に開局に尽力したのは毎日本社ではなく、毎日新聞を依願退職して同局に移籍した高橋信三(専務・社長・会長を歴任)であったといわれる。このため従来から独自色が強く、現在毎日新聞は同社の大株主上位10位に名を列ねていない(2004年3月31日現在)。元々筆頭株主だったが、TBS株式売却と同時期にやはり外部に大量放出。毎日放送側の意向が強かったと言われる。
在阪局で同じく新聞と共通の名前を持つ朝日放送や讀賣テレビ放送とは新聞社の関係度合いが異なる。
アール・ケー・ビー毎日放送(RKB) - 福岡地区も毎日新聞社と新日本製鐵(当時八幡製鉄)、西日本鉄道などが中心となり、ラジオ九州(RKB)を設立。1958年西部毎日テレビジョン放送(当時の八幡市に所在。未開局)を合併し、現在の商号に変更。この局も毎日新聞というよりは毎日出身者である金子秀三(専務・社長・会長を歴任)の影響力が大きかった。毎日新聞・MBS・TBSのいずれとも関係が深く、現在も毎日新聞は同局第2位の大株主(7.74%、2004年3月31日現在)。
上記三社は毎日新聞社が公表する「友好会社」である。グループ会社ではなく、立場は対等であり、代表者同士が相互に社外役員に就任している。

ラジオ福島(RFC) - 第4位の大株主(10.00%、2004年3月31日現在)。
上記は毎日新聞の関連会社である。
以下は出資先や報道協力会社等に該当する局である。

青森テレビ(ATV)
テレビユー山形(TUY)
テレビユー福島(TUF)
テレビ山梨(UTY)
チューリップテレビ(TUT) - 北日本新聞社、産業経済新聞社、中部日本放送及びトナミ運輸と並び第9位の大株主(3.00%、2004年3月31日現在)。
北陸放送(MRO) - 報道面で協力体制にあるが、大株主の上位11位には名を列ねていない(2004年3月31日現在)。
中国放送(RCC) - 第7位の大株主(6.05%、2004年3月31日現在)。
山陰放送(BSS)
テレビ山口(TYS)
あいテレビ(ITV) - 第2位の大株主(7.50%、2004年3月31日現在)。
長崎放送(NBC)
宮崎放送(MRT) - 第2位の大株主(9.9%、2004年3月31日現在)。
和歌山放送(WBS) - JRN・NRNクロスネット。ラジオ単営局。毎日放送とも関係が深い。
栃木放送(CRT)−NRN系。近年毎日新聞に代わり読売新聞東京本社が大株主に。毎日新聞系列の下野新聞社と親密。ラジオ単営局。
とちぎテレビ(GYT) - 栃木銀行、GKNドライブライントルクテクノロジー(旧栃木富士産業)及びトヨタウッドユーホームと並び第7位の大株主(2.0%、2004年3月31日現在)。
群馬テレビ(GTV)−独立局
千葉テレビ放送(CTC)−独立局・千葉日報系。
東京メトロポリタンテレビジョン(MXTV) - 東京新局に既存新聞社の一角として出資。ただし、大株主の上位7位には名を列ねていない(2004年3月31日現在)。
テレビ神奈川(tvk)−独立局・神奈川新聞系 近年出資比率を下げた。
テレビ和歌山(WTV)−独立局。
福島テレビ(FTV) - フジテレビ系。元来はJNNとネット関係を結んでいた。福島民報が出資。
瀬戸内海放送(KSB) - テレビ朝日系。毎日放送とも関係が深い。
岡山放送(OHK) - フジテレビ系。毎日放送とも関係があった。
南日本放送(MBC) - テレビ開局時、ニュースを連日提供(テレビのみ)。


★紙齢について

「日本最古の日刊新聞」と言われることがあるが、1870年(明治3年)横浜で創刊された『横浜毎日新聞』とは全くの無関係である。
それでも「最古の歴史」と呼ばれるのは、前身の『東京日日新聞』(1872年2月創刊)に由来しているからである。同じく「最古の歴史」を標榜する『報知新聞』(1872年6月創刊)や『読売新聞』(1877年創刊)よりも古いとされるが、『東京日日新聞』の名前自体は1943年に一度途絶えており、また1946年傍系紙として復活して『毎日新聞』とは別新聞となっていた時期もあるため、この「最古の歴史」には疑問の声がある。


タグ:毎日新聞
| コメント(0) | TB(1) | 毎日新聞「MOTTAINAIキャンペーン」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23355361
この記事へのトラックバック
CRTディスプレイ用クリーニングクロス
CRTディスプレイ用クリーニングクロス超極細繊維で出来たツブツブが汚れをスッキリかきとります。■油膜、指紋、手アカに最適です。■一本の繊維を特殊な加工で分解させた「超極細繊維」を使用した  クリーニン..
ブログ名ビックリ電気


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。